BMW・MINI修理

BMW・MINI専用診断システム 導入店

車両テスターによる故障診断・プログラミング・メンテナンスリセット・チェックランプ点灯消去・ショートテストを行います。
また、コーディングプログラム導入によるデイライト等、設定変更可能です。
輸入車特有のブレーキダストを低減させるブレーキパッドも取り扱います。

BMW 6速AT用ATF交換

BMWではATF無交換推奨という話をよく聞きます。
作動油である以上、無交換で良いというのはいかがなものでしょうか。
おそらく、ATF交換手順に不備がありそれが理由でATの故障を誘発させる。
言い換えれば自然に壊れるよりも人為的に壊す方が多いとのことでしょうか。

当店ではATFの交換は20,000kmごとを推奨しております。
BMWにて一部車両でATオイルパンとATフィルターが一体になっている車両が増えてきています。
部品交換費用もそれなりにするため、オイルパン(ATフィルター)毎回交換という訳にはいきません。
2回に1回でオイルパン(ATフィルター)の交換をおすすめしています。

  • AT・CVT・DSGオイル交換の際は、車の現状を把握するために診断機による”診断+走行テスト”を”オイル交換前・交換後”と実施いたします。
  • オイルの状態によっては、1回オイル交換後1,000km走行していただき、それを2~3回に分けてAT・CVT・DSGオイル交換を推奨する場合もあります。
  • また、BMWに限らずATF交換はいろんな交換方法がありますが、当店ではATFが自然に冷めてからの交換方法を確立しておりますので1日預かりになります。

詳しい内容は営業内容から
営業内容

コーディング内容、修理診断、作業依頼はこちらから
お問い合わせフォーム