フォルクスワーゲン・アウディ修理

フォルクスワーゲン・アウディ専用診断システム 導入店

車両テスターによる故障診断・プログラミング・メンテナンスリセット・チェックランプ点灯消去・ショートテストを行います。
また、コーディングプログラム導入によるデイライト等、設定変更可能です。
輸入車特有のブレーキダストを低減させるブレーキパッドも取り扱います。

アウディ・フォルクスワーゲン AT・DSGオイル交換

アウディ・VW 7速DSG、Sトロニック等もオイル無交換を推奨という話を聞きます。
やはり(BMW ATF交換にも書きましたが)、作動油である以上交換は必要と考えております。(一部では60,000km毎という話も)
また、発進時にショックがあった、低速時ギクシャクするからATF及びDSGオイル交換するという話も聞きますが、それからでは遅いと考えます。
交換サイクルはいろいろ言われてますが、当店では30,000kmのオイル&フィルタ同時交換をおすすめしております。
7速DSGの初期のトラブルはリコールにもなって改善されているハズなので、定期的なオイル交換で長持ちすると思います。

  • AT・CVT・DSGオイル交換の際は、車の現状を把握するために診断機による”診断+走行テスト”を”オイル交換前・交換後”と実施いたします。
  • オイルの状態によっては、1回オイル交換後1,000km走行していただき、それを2~3回に分けてAT・CVT・DSGオイル交換を推奨する場合もあります。
  • こちらもAT DSGが自然に冷えてからの交換方法を確立しておりますので、1日預かりになります。

詳しい作業内容は営業内容へ
営業内容

コーディング内容、修理診断、作業依頼はこちらから
お問い合わせフォーム